2006年02月16日

また税務調査をこの忙しい時期にやるんですか!

本日は、朝から某社へ直行。
担当者と会議。
近づきつつある決算日までにやるべきことなどについて相談。

この某社は、基本的には、業績好調だが、
最終的にいくらまで利益が積みあがる、または、それほど良くないかは、
実際に決算日になってみないと解らない部分もあり、
そのなかで、いろいろなことを実行しないといけないところが難しい。

昼過ぎに事務所に戻ると、恐怖の伝言メモが机の上にあるのを発見。

税務署から電話があり、
当事務所のお客様である某社の税務調査を、
今月の月末に実施したいので、
連絡が欲しいとのことである。

今月の月末!?
無理、無理

今月は、28日までしかないにもかかわらず、
当事務所の業務は、会社の決算や個人の確定申告があり、
税務署に2日間も付き合う時間的余裕はない。

それとも、私は、税務署に「暇そうな人」と思われてしまったのだろうか

そもそも、「確定申告期間中は税務調査を控える」という紳士協定が、
税務署と税理士業界との間で、あるはずだ。

某社の社長と連絡を取り、
税務署に「無理、無理!」と伝えて、
4月上旬に延期してもらう。

先週ようやく税務調査が終了したばかりなのに、
またこの某社の税務調査が確定し、
一気に気分は、ブルーになる

14時から某社取締役会に出席。
こちらの会社も決算が近づいているので、
決算数値の予測と来期の事業計画が話題の中心。

この某社は、社長さんの努力もあり、
来期に経営幹部候補の入社が数名決まった。
企業は、人なり!
新しい、実力がある人が入ると、社内は、活性化する。
非常に、楽しみである。

16時過ぎに事務所に戻り、ひたすら仕事。

今月は、28日までしかないので、
残された時間は予想以上に少ない。

焦る

でも、体力も維持・増強をしなければいけないので、
本日は、現在21時前ですが、退社してスポーツクラブ(Tipness)に行きます

仕事時間の不足は、
「効率向上」と「仕事が出来る日の深夜残業」で補う予定です



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/50357354