2006年04月22日

社員の人たちの喜ぶ顔が元気の素

本日は、土曜日だが、通常通り9時前に出勤。

外は良い天気
「こんな良い天気の土曜日に、何で俺は仕事をしているんだ!」と、
人生を嘆いている暇もないぐらい、
やらなければいけないことが、机の上に積まれている

決算書や申告書のチェック、レポートの作成など。

19時に、某社訪問。

この某社では、決算の数字がほぼ確定。
そこで、社員向けに、
新会計年度の方針を説明する会を開催するので、
参加したというわけです。

なお、全社員が参加するので、
19時と21時の2回に分けて開催です。

この某社は、ここ数年、厳しい業界状況と経営状況であったが、
社長を筆頭に、経営幹部の人たち、社員一丸となって努力した結果、
今回の決算では、良い結果を出すことが出来ました

したがって、今回の経営方針説明会も、
社長や経営幹部の人たちから、前向きの発言が多く、
また、それを聞く社員の皆さんも真剣な表情で、
すごく良い雰囲気。

そして、最後にサプライズ企画。
決算賞与の支給です。

社員の人たちには、まったく知らされていなかったので、
皆さん、決算賞与をもらって、うれしそうな顔をしていました。
社員の喜んでいる顔を見ている、社長さんや経営幹部の人たちも、
穏やかな表情です。

社員の人たちのうれしそうな顔を見ると、
「今期もいろいろ改革と改善をして、また、良い結果を出すぞ〜」という気持ちになります。

決意を新たにして、0時前に帰宅。
忙しかったけど、良い1日でした


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/50445549