2006年10月25日

会議で要求されること

8時30分から某社で経営幹部による会議に出席。

この某社は、業績は伸びているが、
一方で、
製品の品質やサポート体制など、いろいろな点で問題点を抱えている。

1件あたりの受注金額が増えているので、
個人に依存して仕事をする仕組み、
情報の報告体制や問題の共有、問題の解決方法など、

1・個人の仕事への取り組み方
2・部門内の仕組み
3・部門間の仕組み
など、いろいろ変えないといけない。

問題は、根深いが、短時間で解決の方向性を見つけることが必要だ

お昼に某社を訪問。
経理担当者と会議。

この某社では、部門別の管理会計を今期から開始。

どのような仕組みにすると、
1・会社の問題点
や、
2・会社の良い点
が、客観的な数値で把握できるかを、検討。

担当者の個人的な努力に依存する点が多くあるが、
良い結果を生み出すために、当事務所としては、全力で応援しないといけない。

夕方から、某社の取締役会に出席。
本日の会議では、議論が少ない一番平和な会議だが、
来期目標の達成に向けて、いろいろとやらなければいけないことはありそうだ。

表面に見える問題と、表面には見えない問題。
会議では、
両方を見つけ出して、短期に解決することが要求されます

夜は、お世話になった人が社内で異動をしたので、
これまでお世話になったことに対する御礼として、会食

私が御礼をする立場なのに、いろいろと気を使っていただきました。
Fさん(本人の希望だとF君、)今後もよろしくお願いします!

忙しい日々ですが、気持ちの安らぐ、素敵な時間を過ごすことができました



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/50639901