2006年12月25日

年末調整の作業は、税務署の作業の代行業務

クリスマスの日の朝だが、8時から某社で経営幹部による会議に出席。

いよいよ今週で、第3四半期終了。

数字の確定も必要だが、
第4四半期への取り組みや、来期の取り組みもしないといけないので、
重要な1週間です

昼は、某社訪問。
この某社は、今月が決算・申告の期限なので、
決算内容の説明と来期の取り組みなどについて、意見交換。

基本的には、業績は順調だが、
順調なときでも、新規の事業の取り組みや税金を含む資金対策など、
課題は、いくらでもある

おいしい昼ご飯をご馳走になりました
ありがとうございました。

17時には、某社の社長が当事務所を訪問。
年末のお忙しいときに来ていただいて、感謝です。

この某社は、会社を設立したばかりなので、
面倒な年末調整の資料をそろえるのに、
ちょっとだけ悪戦苦闘

年末調整という手続きは、
従業員の立場から見れば、
便利な制度だが、
会社から見れば、税務署の仕事を代行している感覚である。

ちょっとは、税務署も会社に感謝して欲しいです



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/50688905