2007年02月24日

右脳活動:さくらん

さくらん

写真家蜷川実花の初監督作品。
人気漫画の映画化らしいが、原作は読んだことはない。
音楽は、椎名林檎
主演は、土屋アンナ
それ以外の俳優、女優もそれなりの有名人が出演。

ただ、内容は、江戸時代の吉原遊郭が舞台なので、
エロ映画なのか、芸術映画なのか、
評価が分かれるところもあるが、
見ないとわからないということで見てきました。

結論:
ストーリーの深みはない。

映像のきれいさを期待して見に行った。
確かに、きれいな映像や豪華な衣装はあるが、
全編にわたり、びっくりするほど、きれいというわけではない。

しかし、蜷川監督の処女作品ということを考えれば、
そんなに悪くなく、蜷川監督の今後に期待は持てると思う

土屋アンナは、良かったと思う
それから、椎名林檎の音楽も、OK

お時間があれば、見ても良いと思うが、特にお勧めというわけではない。
ただし、エッチなシーンがあるので、
恋愛初期段階のカップルは、避けたほうが無難だろう



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/50732381