2007年02月27日

激論の取締役会と日興コーディアルグループの31億円の損害賠償請求

本日も1日、確定申告の書類をチェック。

チェックしても、間違いはあるので、スタッフの皆さん、細心の注意でお願いします

夕方から、某社の取締役会に出席。

この某社は、現在、予算が未達状態。

決算までにはまだ時間的余裕があるが、
今後、どのように立て直すのか、
それから、中期的な経営方針や事業の進め方を含めて、
約2時間、取締役会の中で激論

業績は、まだ良くないですが、
このような議論ができることは、非常に良いことだと思いました。

業績回復するような施策を行い、是非、目指すべきゴールを達成しましょう

事務所に戻って、ネットを見ていたら、
粉飾決算で、
上場廃止の危機に瀕する日興コーディアルグループに関するニュースがあった。

日興、旧経営陣3人に31億円賠償請求へ(日本経済新聞)

今回の粉飾決算を主導した「らしい」前社長を含む3名に、
31億円という損害賠償請求をするようだ。

はたして、日興コーディアルグループの取締役会では、
活発な議論が行われていたのだろうか?

それとも、筋書き通りの儀式的な会議だったのか?

今となっては、後悔先に立たず。
それよりも、31億円の損害賠償って、1人当たり10億円。

払える金額なのでしょうか?
もし、払えるなら、それはそれですごいと思います



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/50734237