2007年03月05日

はたして、景気は良いのか?悪いのか?

本日も、
確定申告、会社の新規設立、法人の決算の準備、会議に出席をしていたら、あっという間に、一日が終了

そんな東京に、春の嵐が到来
もっとも、激しい雨は、夕方の3時間ぐらいで、止んでしまった。

一方、止まらないのは、株価の下落(朝日新聞)。

5営業日連続で下げて、
とうとう日経平均は、17,000円割れ。

私の持っている株も、
本日で、含み損となった

これだけ、大きく株価が下がると、
確実に個人消費の伸びに対してマイナス要因になる。

さらに、円高も進行している。
115円台だ。

円高になると、3月決算会社で、輸出関連企業の業績押し下げ要因になる。

一方で、
本日発表された2006年10―12月期の法人企業統計によると、
ソフトウエアを含む全産業の設備投資は、
前年同期に比べ16.8%増で、
比較可能な02年7―9月期以来、過去最高の伸び率となったそうだ。

法人企業統計は、ここから、ゲットできます。

余談:
法人企業統計は、
コンパクトにまとまっていて読みやすい、良い企業分析の資料です。
活用をお勧めします。

はたして、日本は、景気が良いのか悪いのかが良くわからない。

ただ、ハングリーさは減り、成熟度は上がっているので、
国力は確実に下がっていると思う。

刺激、求む



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/50737745