2007年03月14日

監査法人の機能強化というが、末路は、産婦人科医と同じではと、危惧

日興コーディアル証券の処分を受けて、
株価の指標がどのように動くか注目していましたが、
昨日は、たいした影響はなかったみたいですね。

(本日の強烈な下げは、別要因です。)

これで、日興コーディアルは、無罪放免か?
旧経営陣への損害賠償責任は、
本当に実行されるのでしょうか?

一方で、金融庁による監査法人の規制強化は、着々と進んでいる(日本経済新聞)。

ニュースの表題は、「機能強化」だが、実際は、「規制強化」。
本質的には、金融庁の権限の拡大である。

監査の現場の公認会計士の皆さんが、かわいそう。
監査法人勤務の公認会計士の給料は、世間が想像するほど、高くない。

一方で、責任が重くなり、資格剥奪のリスクまである。

個人的には、会計監査に従事する公認会計士の数が減少するのではないかと思う。

これは、損害賠償リスクが高いのに、勤務条件が悪く、
報酬も高くないので、
希望者が減っている産婦人科医と同じコースをたどるのではないかと危惧してる。

なお、日興コーディアルグループの上場維持に関する議論は、
先日も紹介した公認会計士の磯崎先生のブログが引き続き面白いです。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/50743168