2007年03月21日

右脳活動:バブルへGO!!

最近は、景気がよくなってきたことを背景に、
あの1990年代前半のバブル期を懐かしむ記事等がある。

実は、私は、バブル世代
大学を卒業したのが、1988年。
そして、会計士の試験に受かって、社会人デビューしたのが、1989年です。

そんなわけで、見てきました。
バブルへGO!!」

結論から言えば、すごーく楽しい映画でした

当時を知っている人間としては、
ボディコンや六本木スクエアビル、BDシャツや幅広のサスペンダーなど懐かしい場面やグッズが、盛りだくさん

「あー懐かしい」と思う反面、
バブルのど真ん中で、踊っていた人間としては、
ちょっと苦い思い出も蘇り、
胸も少し痛みます
(銀行や証券会社に勤務していた人は、精神的にいやーな気分になる場面があるかもしれません。)

後半のストーリーは、やや陳腐で冗長な場面があります

しかし、そんな、部分的な問題点をぶっ飛ばしてしまうのが、
主役の広末涼子

最初から最後まで、ちょ〜かわいい

表情から、仕草まで、GOODです。
この映画を見るまで、
広末涼子にまったく興味がなかったですが、
即座に大ファンになってしまいました

それから、共演の阿部寛もいい味出してます。
(阿部寛って、そういえば、
バブルのころに売れ出して、
そのあとまったく売れなくなって、最近復活!
まさに、この映画に出演する資格、大ありです。)

残念ながら、この映画の上映は、今週の23日(金)まで。
見逃してしまった人は、
レンタルDVDなどで、是非、ご覧になってみてください。

芸術的に良い映画かどうかは私には不明ですが、十分楽しめます



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/50748721