2007年03月23日

人の振り見てわが身を直せ:第2弾

昨日、堀江被告に引き続き、
ライブドアの元取締役宮内被告にも、1年8ヶ月の実刑判決が出た(日本経済新聞)。

検察の捜査に協力したとはいえ、事実上の実行犯。
ただ、執行猶予が付かない実刑判決は、
厳しいなというのが、正直な印象。

しかし、堀江被告が、2年6ヶ月の実刑(日本経済新聞)だから、同じぐらい悪いという判断なのでしょう。

ただ、本人には、執行猶予が付かない実刑判決は、
相当厳しいはずです。

宮内被告は、税理士資格を所有している。
法を超えるような「やりすぎ」は、ダメです。

さらに、ライブドアを監査していた監査法人の公認会計士にも、10ヶ月の実刑判決が出ました(日本経済新聞)。

実刑判決を受けた久野被告は、
面識はないが、
公認会計士の登録番号から推察すると、
たぶん、同じ年に会計士の試験に合格している。

同じ資格所有者として、
「人の振り見てわが身を直せ」
です。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/50748839