2007年06月17日

質問が多かったのは、自社株買い

本日も、関西。

昨日に引き続き、
関西電力株式会社の社員の皆様を対象にセミナーの講師の仕事です。
テーマは、「決算書から学ぶ経理知識基礎講座」。
2日間コースの第2日目です。

昨日と同様に、
年齢や所属の異なる30名弱の皆さんが集合。

本日は、おもに経営分析を扱った。

先週同様に、質問が多かったのが、自社株買い。
(自社株買いについての、NRIの説明文。

自社株買いをすると、
純資産の部(資本の部)の圧縮が可能なので、
ROE(自己資本当期純利益率)の改善が可能。

日本企業のROEが平均9%、アメリカ企業のROEが平均17%と言われているので、
日本企業でも、積極的に行われている。

しかし、初めて自社株買いという制度を聞いた人が、
自社(関西電力)で、
730億円も自社株買いをしているという事実を知れば、
びっくりするのは当然。
(参考:関西電力株式会社・連結貸借対照表・純資産の部・自己株式が該当の金額です。

実際に、投資する予定のない余剰資金の活用策として、
自分の会社の株を、自分の会社のお金で買うと、
経営分析指標や株価が良くなるというのは、
はじめて聞く人にとって、
疑問をいただくのは、当然かもしれない

本日は、19時頃に出発する新大阪発の新幹線で、東京まで戻る
本日の新幹線も、ほぼ満席。
ビジネスパーソン、家族づれ、カップル。

人の移動は、活発なようです。
しばらく、景気は、安泰?

ちなみに、今回の出張のスタッフへのお土産は、
大阪プチバナナ」を選択してみました。

スタッフのみなさん、どうぞ




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/50877351