2007年09月25日

首相の年齢から考えても、日本は老人大国

こんなことを書くと、嫌われてしまうかもしれないですが、
自由民主党の偉い人の年齢をみていると、
ちょっとがっかり。

23日(日)に福田康夫氏が自由民主党総裁に選出された(日本経済新聞)
福田新総裁は、71歳。

24日(月)には、自由民主党の三役も決定(日本経済新聞)
幹事長には、伊吹派会長の伊吹文明文部科学相(69)、
総務会長には、二階派会長の二階俊博氏(68)が再任、
政調会長には、谷垣派会長の谷垣禎一元財務相(62)を起用。

日本って、60歳をすぎないと、
大きな組織の「リーダー」になれない国なのかと錯覚してしまいます

逆に考えると、70歳まで第一線で働けるということを意味しているのでしょうか。
私の年齢から考えると、あと30年働けます

あと30年、社会に貢献できると考えるとうれしいし
あと30年、働き続けると考えると、ちょっと大変

いろいろ考えちゃいましたが、
今週も、月末なのに、営業日が4日しかないので、がんばります



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51094038