2008年05月18日

乳と卵

題名:乳と卵(ちちとらん)
著者:川上未映子
出版社:文藝春秋
価格:1143円(税別)

2008年芥川賞受賞作品
受賞してすぐに購入したが、数か月「つん読」状態

数ページ読むだけで、授賞理由がわかります
日本語の可能性を提示した作品です

文章は、
学校では、教えない日本語を使用しています

具体的には、
漢字があるのに、ひらがなで書いたり、
「、」と付ける場所に、「、」を付けなかったり、
「」をつけるべき会話部分に、「」なしで書いたりしています。

そのことにより、
文章に、スピード感が出たり、
状況が、映画を見ているように頭の中に流れたり、
登場人物の心の中が、より良く描写されていると思います。

「日本語って、奥深いんだなぁ」と、びっくりしました

この文体は、
作者の才能によって生み出されたのか、
試行錯誤によって生み出されたのか、
とても興味があります。

なお、この作品の衝撃度が非常に大きいので、
この本に一緒に収録されている「あなたたちの恋愛は瀕死」という作品は、
普通の文体に近い作品なので、
描写は丁寧で、
悪くはないと思いますが、
衝撃度は、やや薄い

衝撃的な作品を発表すると、
次の作品が、非常に難しいですね。

日本語ってすごいなと素直に思えるので、
ぜひ、一読してみてください。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51372525