2008年06月17日

スタッフとの面談で伝えたこと

本日は、当事務所恒例の、
夏の賞与支給前のスタッフとの面談の日。

当事務所では、
面談前に、「目標設定書」を各スタッフに作成してもらい、
面談時の題材としている

夏の賞与支給前と冬の賞与支給前に面談をするのだが、
毎回、少しずつ、「目標設定書」を改訂している。

今回、「目標設定書」に追加した主な項目は以下のようになっています。

1・仕事と勉強を楽しんでいますか?

=>追加した意図:
仕事と勉強をする時に、
「つらい、大変だ」と思ってやると、
脳からドーパミンが出ない

さらに、「つらい、大変だ」という脳の使い方が、
パターンになってしまうと、
脳の劣化が早まる

したがって、仕事と勉強を楽しく行い、
脳からドーパミンを出しましょうということです

2・自分の強みは何で、その強みを強化していますか?

=>追加した意図:
自分の価値を上げるためには、
(1)強みを強化
し、
(2)弱みを補強する
ことが考えられます。

では、
どちらが飛躍的に自分の価値を上げるかというと、
「強みの強化」です

そこで、今回は、「弱みの補強」は、無視

「強み」の意識と強化にフォーカスしました。

3・他の人と協力して仕事をしているか

=>追加した意図:
会計や税務も、法律などの変化が激しく、
一人で全部に対応することは、無理

そこで、
他の人と協力することや関係性を構築することは重要ということを意識してもらうために追加しました。

4・当事務所に貢献しているか

=>追加した意図
当事務所への貢献を意識して仕事をすることによって、
顧客満足が生まれます。

また、
他の人と協力する仕事の体制ができます。

そんなことが実現できれば、
当然に自分の成長が実現できるというわけです

スタッフの皆さん、
賞与のお金と夏の時間を有効活用して、
自分に投資したり、余暇を楽しんでください

お疲れ様でした。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51406082