2008年07月31日

JR尼崎駅周辺の不動産価格

本日も、昨日に引き続き、
大阪で、クボタ社の社員向けセミナーの仕事。

内容は、
昨日が、決算書の基本的な理解で、
本日が、経営分析です。

本日の受講者も、
全員今年の4月に入社したばかりの60名弱の新入社員

今日も、みんな元気で受講していただきました。
ありがとうございました

さて、本日の研修場所の最寄り駅は、
JR尼崎駅。

JR尼崎駅周辺では、
大規模な開発が、行われている

ここには、以前は、キリンビールの尼崎工場があったそうだ。
キリンビールの「キリンの歩み」によると、
尼崎工場は、1996年に操業停止となっている。

この工場の跡地に、
大規模な商業施設(キリンガーデンシティーというのが仮称のようです)とマンション開発が行われている。

しかし、
開発って大変なんですね

操業停止から、
12年が経過。

マンションは完成したようですが、
まだまだ商業施設は完成していません。。

JR尼崎駅というのは、
JR大阪駅から、快速だと1駅で、5分で到着する。
非常に便利な場所である

この便利な場所に建設されるマンションということで、
マンションの販売価格は、とっても気になる。

そこで、
ネットで検索してみました。

ローレルスクウエア・尼崎ルネ・ガーデンテラス

ここで、間取りと価格を見ることができます。

中心価格帯は、80-90平方メートルで、4000万円台。

関西圏の人にとって、
JR尼崎駅周辺は、
住宅地というより工業地帯という印象が強いようで、
住宅地としてのブランド力は弱いようだ。

それにしても、
大阪駅から1駅で、快速なら5分で到着。

さらに、
80-90平方メートルの広さで、
4000万円台は「安い」というのが、
東京在住の人間の印象です

景気の先行きに対して、
厳しい予測が行われていますが、
販売動向が気になるところです



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51441725