2008年08月17日

ハリ・ポッターと死の秘宝

題名:ハリー・ポッターと死の秘宝
著者:J.K.ローリング
出版社:静山社
価格:上下2巻で3,800円(消費税別)

7月の発売時に予約をしていたのですが、
ようやくこの週末で、上下2巻を一気に読破

いやー、おもしろかった

ハリー・ポッターシリーズの第1作である「ハリー・ポッターと賢者の石」が日本で発売されたのが、1999年の12月。

今回が、第7作。

読み終わった感想は、
9年間の冒険旅行が終わってしまい、
満足感とちょっと寂しい気持ちが両方です。

まだ読んでいない人は、
是非、第1作である「ハリー・ポッターと賢者の石」から読んでください。

個人的には、
暇な時間が1週間できたら、
一気に全7作を、もう一度読んでみたいです。

(そんな1週間は、はたしていつ到来するのでしょうか?)

とにかく、
ファンタジーは、心を豊かにします

翻訳者の松岡佑子さんが最後に書いていますが、
「愛・友情・勇気」は、
世界共通の、大切な宝物

この3つは、
私生活だけではなく、仕事でも重要です

ぜひ、
実用書だけではなく、
ファンタジーも読んでみてください

ただし、はまると睡眠不足になります



この記事へのトラックバックURL