2008年08月18日

取締役としての基本的な姿勢と能力

本日は、
午後よりある会社の取締役会に出席。

この会社は、
ある会社の子会社なので、
取締役会には、
親会社の取締役の人も出席している。

この人は、
非常に厳しく鋭い

本日も、
厳しい指摘を受けた。

上半期の数字が計画を上回りそうなので、
下半期に、
合理的な範囲内で投資を増やし、
結果的に、
当初の計画よりも、
増収増益を達成するというのが会社の提案。

この下半期の投資が、
来期以降の品質等の向上を達成するので、
全く問題ない計画だ

しかし、
表面的には、
上半期は計画を上回る、
下半期は計画を下回るということなので、
さっそく、異議を表明した。

「この計画は、納得できない。」

この取締役の人は、
会社の計画は、
合理的なことがわかっていると思う。

しかし、
発言から「利益」への「執念」が感じられた

利益を継続して増やしていくことには、
合理的な判断や計画の他に、
「執念」が必要だということを感じさせてくれる「一言」だった。

さらに、
この取締役は、
コミュニケーション能力が非常に高い。

言葉の使い方や目配りなど、
厳しさだけでない、
優しさがある

それは、
「がんばろうよ!」という素直な気持ちが伝わる。

また、
肩書きや年齢、経験で、人を差別しない。

「がんばろう」ということに、
同意する人は、
みんなチーム

そして、そんな志を同じくする人を応援する気持ちが伝わってくる。

非常に勉強になる1時間の取締役会でした



この記事へのトラックバックURL