2008年09月15日

米国の金融、激震

日本では、
3連休だが、
アメリカの金融界は、
大事件が連発

1・米国の大手証券会社のリーマン・ブラーザーズが、連邦破産法11条適用申請へ

2・米国の大手銀行のバンク・オブ・アメリカが、米国の大手証券会社メリルリンチの買収を合意

3・米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が、事業売却を発表する見通し

1・2ともに、日本経済新聞

3も、日本経済新聞

銀行・証券・保険すべてが、
影響受けるサブプライム問題は、
いつ終わるのか

今晩のアメリカの証券市場の動向が気になります。

当然に、CNNでも、大きく報道されています。

1は、ここ。

2は、ここ。

3は、ここ。

なお、
会社概要によると、
日本のリーマン・ブラザーズ証券株式会社には、
六本木ヒルズにあり、
約1300名の社員の人が在籍しているようです。

明日は、
ドキドキの出勤になるのでしょうか?

それとも、
みなさん、すでに覚悟はできていて、
落ち着いて対処されるのでしょうか?

どちらにしても、
求職活動が必要になるのでしょう。

外資系に勤務というのも、
大変な面があります。

明日の日本の証券市場の動向も気になります。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51477640