2008年10月27日

パソコンの機種変更は面倒だ

これだけ株式市場の値下がりが一般化すると、
慣れますね。

さて、
2年前の9月に私のノートパソコンが突然に壊れ、
すぐに使えることを念頭に有楽町のビックカメラで買ったのが、
 Toshiba Dynabook SS MX/470LS

2年間、出張などに持ち出したりして、
非常に重宝でした。

しかし、
2年も経過し、
そろそろ壊れる予感がして、
機種変更。

性能と価格、そして軽さを念頭に決めたのが、
DELL LATITUDE D430

CD-ROMは、外付けながら、
1.36KG。

メモリーを2GB積んで、
消費税込みで約14万円というコストパフォーマンスの良さ。

モバイル用途として人気の高いLet's noteと比較すると、
10万円以上安いということになる

OSは、
もちろんWindows Vistaではなく、
Windows XPを選択

購入してから、
実際に本日から使いだすのに2週間を要しました

ソフトウェアのインストールは、
スタッフにやってもらいましたが、
必要なファイルをコピーしたり、
メールアドレスを移したり、
サイトによっては、
パスワードの再入力をしたりなど、
円滑に使うためには、
時間が必要です。

いやいや、何回やっても面倒です

ちょっと使ってみた感想ですが、
キーボードの感触も悪くなく、
快適です。

ただし、
USBの差し込み口が、
横にはなく、
背面しかないのが、
ちょっと不満。

でも、
価格と機能・性能等を考えると、
お勧めできるマシーンです

なお、
このD430のデスクトップの画像も、
引き続きこれにしました。

アルファロメオ156TI。

156ti











この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51509872