2009年02月17日

新幹線は、すいている印象だが、JR東海の業績は、悪くない

本日は、
京都でセミナー講師の仕事。

京都、寒かったです。

月曜日の夜に到着したのですが、
ちょっとだけですが雪が降っていました

本日は、
積水化学工業株式会社の入社2年目の社員60人弱を対象とした研修。

研修内容は、
いつものとおり、
1日で決算書と経営分析を習得しようという内容です。

技術者(理系タイプ)が多いということで、
数字に対するアレルギーもなく、
セミナー後半の数字を使用した演習も、
さくさくと快調に進み、
17時過ぎに無事終了

みなさん、
ありがとうございました

後輩がどんどん入ってきますが、
負けないように頑張ってください

セミナー終了後に、
京都駅を18時過ぎに出発する新幹線で東京へ。

パソコンを使用したかったので、
N700系を選んで乗ったのですが、
いやー、新幹線。
空いています

18時過ぎの東京行きの新幹線というと、
そこそこ混んでいて、
名古屋からさらに人が乗り込むというイメージですが、
京都でそれほど混んでなく、
名古屋から乗ってくる人もそんなにいないという状況です。

不況の影響です

しかーし、
JR東海(東海旅客鉄道株式会社)の平成21年3月期の第3四半期の決算短信を見てみると、
大きな数字の落ち込みはなく、
鉄道事業は、
比較的好調のようです。

やはり、
携帯電話事業と同様に、
規制産業は不況時には強いということなのでしょう



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51589221