2009年04月25日

草なぎ君の事件と創業者社長の孤独

そろそろ、
草なぎ君の事件も落ち着いてきました。

いろいろな批判もありますが、
個人的には、
「許してやれよ」って、
感じです

確かに、
彼は、
無類のお酒好き(スポニチ)だったようです

したがって、
34歳にもなって、
お酒が原因で逮捕されてしまうなんて、
「社会人として失格だ」という批判も当然だと思います

では、
なぜ、
私が彼を「許してやれよ」と思うのか。

草なぎ君が、
毎日プレッシャーと戦っている創業者社長の姿に重なってしまうんです

草なぎ君は、
芸能人なので、
本当の自分とは、
微妙に違う「キャラ」を演じないといけない。

それから、
ほかの芸能人と差別化できる特徴(強み)がないといけないので、
忙しい時間の中で、
芸の勉強や、
韓国語の勉強もしないといけない。

でも、
本当の「友達」はいないから、
いろいろなプレッシャー、またはストレスと戦い、
発散しないといけない。

記者会見では、
プレッシャーやストレスはない(スポニチ)と本人は言っているが、
プレッシャーやストレスは、
当然にあるでしょう。

私が、
毎日接している創業者社長と姿が重なるんです

「任期」と「責任」が限られているサラリーマン社長と異なり、
「人生」と「財産」を全て会社に捧げている創業者社長は、
孤独です。

したがって、
プレッシャーやストレスの激しさは、
想像を絶します

でも、
気を許せて何でも話せる人は、
身の回りに、
一人もいないかもしれません

学生時代の友達は、
「気の許せる人」に該当しますが、
みんな忙しいし、
その友達がサラリーマンだったりすると、
年齢を重ねるとともに、
話が合わなくなります

奥さんや家族も、
どうなんでしょうねぇ。。。

「仕事」と「会社」に全身全霊をささげてしまい、
家族関係が崩壊している創業者社長は、
日本だけでなく、
世界に多数いるでしょう

結局、
創業者社長のストレスやプレッシャーの解消方法としては、
以下のようなパターンが多くなります

1・創業者社長同士で飲みに行く。

2・相手と予定が合わないときには、
キャバクラに行って、
おねえちゃんと騒ぐ。
(女性社長の場合は、
ホストクラブに行って、
ホストと騒ぐ。)

3・飲んでばかりいると、
健康に良くないので、
スポーツクラブに行って、
一人で黙々とトレーニングする。

4・飲んで騒いでも、
スポーツクラブに行っても、
問題は解決しないので、
休日出勤して、
一人で黙々と仕事をする。

有名人も、
創業者社長も、
法を犯してはいけません。

周囲の人に迷惑をかけてしまいます

上手に、
ストレスとプレシャーとお付き合いをしないといけません

草なぎ君が、
数ヵ月後に、
芸能界に復帰したときには、
陰ながら応援をしたいと思います



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51627481