2009年08月13日

公共交通機関を利用してわかる国民性



本日で、
カリフォルニア滞在も、
3日目となりました。

相変わらず、
車を使用しないで、
地下鉄、バスを利用。

地下鉄の料金は、
基本的には、
1ドル25セント。

1日券だと5ドル。

改札がないので
無料で乗っている人間も多数いると思います。

本日の朝、
駅でチケットのチェックをしていました

レッドラインという路線は、
ハリウッドやユニバーサルスタジオといった観光地のほかに、
ダウンタウンの中心街も走っているので、
基本的に安全です。

朝の7時前から21時過ぎまで乗りましたが、
女性や子供も乗っていて、
危険を感じることはありません

ロサンゼルスの郊外を走るブルーラインやグリーンラインという路線は、
所得の低い地域を走ることもあり、
女性一人では、
雰囲気的にちょっと怖いかもしれません。

でも、
現地の女性や子供も利用しているので、
夜は不明ですが、
午前と午後は、
危険な事態に遭遇することはないでしょう。

なお、
どの路線に乗っても、
お互いに初対面の人同士が、
隣の席に座った人と話している光景を見ました。

日本では、
電車の中で初対面の人に話すと不審者と判断されますが、
ロサンゼルスの車内で、
行き先のよくわからない人を周囲の人が助けてあげたりする光景を目にすると、
いろいろと考えることがあります

さて、
本日は、
アムトラックという電車に乗って、
サンディエゴに行ってきました。


P1010086



ロサンゼルスより、
2時間ぐらいです。

チケットは、
自動券売機で購入できましたが、
乗車方法は、
ある集合場所に集まってから乗車するなど、
?の方法(ルール)があります。

周囲に日本人がいなくて、
旅行会社任せの旅行では絶対に体験しないような苦労や心配をたくさんします。

しかし、
本日も、
英語の不完全な私をいろいろと助けてくれる多くのアメリカ人に出会い、
感謝の一日でした

それから、
サンディエゴは、
ロサンゼルスより小規模ですが、
高級感があり、
やさしい人が多く、
とても好印象な町でした。

P1010088


さて、
明日は、
公共機関のバスで、
浜辺に行く予定です。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51690592