2009年08月14日

サンタモニカにバスで行ってわかったこと

サンタモニカにバスで行ってきました。

サンタモニカは、
有名は海岸です。

ロサンゼルスの中心街から、
公共交通機関のMTAが運営するラピッドバス(いわゆる急行)の720番に乗ります。

P1010179

料金は、片道1ドル25セント!
安いです

ダウンタウンの中心街からほぼ西へ走ります。

途中、
コリアンタウンやビバリーヒルズも通るので、
車内からの風景は楽しめました。

また、
住民、学生、観光客も多数利用し、
車内は安全です。

乗車して、
1時間ほど過ぎると、
サンタモニカに到着です。


P1010207


いやー、気持ち良かったです

砂浜はきれい。
サラサラの砂です。

海もきれい。

眺めも最高。

海辺といえども、
日本のようにじめじめとしていないので、
風が気持ち良かったです。

ロサンゼルスの中心街から、
1時間でこんな素晴らしいビーチに到着できてしまうなんて、
ロサンゼルスって、
最高の町だと思いました。

さて、
バスでサンタモニカまで往復して分かったことがあります。

1・道路は傷んでいる
公共機関のバスは、
安く、安全。

しかし、
ロサンゼルスの属するカリフォルニア州が、
財政破綻していることもあり、
道路は、
痛んでいます。

バスで走ると、
がたがた、ごつごつの衝撃が車内を直撃します

2・椅子が微妙に高い
私は、
身長が165センチ。

身長は低いほうです。

したがって、
バスのいすに座ると、
足は、
つま先がようやく着くぐらいの高さで、
椅子に座っていても、
微妙に落ち着きません

3・アメリカ人だって車内で寝る
日本は安全なので、
バスや地下鉄に乗って、
車内で寝るのは、
日本だけだという話を聞きます。

あれは、
嘘だということが今回わかりました

地下鉄でも、
バスでも、
人は眠くなると寝ます。

白人、黒人、ヒスパニックなど、
人種は関係ありません。

私も、
ロサンゼルスで利用したバスでも、
地下鉄でも、
グーグーと寝ていました



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51691995