2009年12月02日

人生で初めて、ミシュランの星があるお店で食事をしました

12月ということで、
そろそろ忘年会シーズンに突入

毎年のことですが、
年末まで、
週2回から3回の忘年会が予定されているので、
食べ過ぎ、
飲み過ぎに気をつけないといけません

この時期は、
事務所の冷蔵庫には、
ウコンの力」が常備されています。

さて、
本日は、
ある社長さんに食事にご招待をしていただきました。

ありがとうございます。

お店は、
南麻布にある和食の「分とく山(わけとくやま)」。

ミシュランで1つ星です

ちなみに、
私は生れて初めて、
ミシュランで星を取ったお店で食事ということになり、
ちょっとわくわくでした

なお、
お店のホームページは存在しないようです。

さて、
お店は、
外苑西通りに面している非常にモダンな2階建の建物でした。
今回は2階で食事しました。

料理は、
コースの1種類のみ。
つまり、
選択の余地はないということです。

全部で、
10品目。

グルメではない私でも、
素材が厳選されていることや、
香りが良いこと、
盛り付けが素晴らしいことがわかりました

また、
野菜や海の幸など非常にバランスが良いので、
食べていて、
非常に体に優しい感じがしました。

最後のデザートを食べ終わった瞬間に、
非常に幸せな気持ちになり、
このまま、
ゆるゆるのジャージに着替えて、
そのまま布団に入って寝たくなりました

もっとも、
このお店を利用した人のブログなどを見ると、
もう少し料理が提供される間隔が長いほうが良いという意見もあるようです。

たしかに、
女性は、
おなかいっぱいになってしまうので、
もう少し、
料理が提供される間隔が長くても良いのかと思いましたが、
あの間隔が、
一番おいしく料理を食べられると、
料理人は考えているのでしょう。

大変にすばらしい時間を過ごすことができました。

招待していただいた社長さん、それから、「分とく山」の料理人のみなさん、
ありがとうございました





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51748948