2010年01月08日

新春から税務調査の連絡をいただきました

表題のとおりです

税務署と税理士会の紳士協定で、
3月15日が期限の確定申告の作業で忙しい時期に、
税務調査は極力実施しないということになっています

つまり、
2月から3月15日までは税務調査が実施しにくいと考えると、
1月のこの第1週に連絡をして、
1月中に税務調査を実施すると通知すれば、
税務署としても、
税理士会に文句を言われることはないというわけだ。

それにしても、
税務調査の対象となる会社は、
税務上の赤字がある会社。

つまり赤字の会社です。

税務署の狙いは、
税務調査を実施して、
税務上の赤字を減らして、
消費税と源泉所得税で、
納付をさせようということだろう。

個人的には、
もっと儲かっている会社を税務調査すれば良いのにと思うが、
儲かっている会社が少なくて、
12月までの税務調査で調査終了してしまったのだろうか?

やっぱり不況なんでしょうね

新春から、
イケてない感じのブログで恐縮です


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51769173