2010年02月10日

ローソンの子会社が最大で150億円の不正をした件

ローソンの子会社が、
不正をしたという話は、
被害総額が最大で150億円になるということで、
個人的には、
金額的には大きな事件だと思うのですが、
金額が大きい割には、
各メディアの取り扱いは小さいですね

やはり、
各メディアにとって、
ローソンからの広告宣伝収入は重要なので、
今回は、
子会社での事件ということもあり、
あまり大きく取り上げないという政治的な判断をしたのでしょうか

事件の概略は、
ローソン子会社の役員が、
別の会社と組んで、
チケット代金の不正流用を許した結果、
最大で150億円の被害が生じる可能性があるという事件です。
日本経済新聞

この2行の記事では詳細が不明なので、
ローソンのホームページをみると、
ニュースリリースで詳細が開示されています。

今は、
ディスクロージャー時代。
自社グループの不正をここまで詳細に開示します

企業で、
管理の仕事や内部統制の仕事をしている人にとって、
このローソンのニュースリリースは、
不正がどのように行われたかを勉強するのにとても良い資料だと思います

ぜひ、
一読して、
自社に、
合理性のない契約や取引はないかを、
チェックしてみてください。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51782195