2010年02月14日

ロジカル・シンキング

題名:ロジカル・シンキング
著者:照屋華子・岡田恵子
出版社:東洋経済新報社
価格:2200円(消費税別)

安くはない本ですが、
多くの人が推薦していることもあり、
販売実績は好調のようです。

私が購入した本の裏表紙を見ると、
「2001年5月第1刷発行」、
「2008年4月第39刷発行」となっている。

このようなお堅い本としては、
驚異的なロングセラーです

私は、
いろいろな人が勧めているということで、
半年ほど前に購入。

しかし、
「ロジカル・シンキング」という題名が、
「ロジカルな思考方法で、
相手を反論できないように追い詰めて、
合意を得る」といったような脅迫的手法であるかのように、
一方的に思い込んでいて、
購入してから半年以上も私の机のわきに放置されていました

このまま読まないと、
「高い本を購入したのに、
お金が無駄になる」というセコイ動機で読みました

読んだ感想です。

素晴らしい本です

すごく勉強になりました。
そして、
読んだことは、
明日からの実務で、
すぐに活用することができます

もっと早く読んでおけば良かったです

まず、
初めの部分を読んで、
私がロジカル・シンキングを完全に誤解をしていたことが判明しました。

ロジカル・シンキングは、
相手を「説得」する方法ではなく、
相手に納得してもらうための「コミュニケーション」のツールだということです。

つまり、
相手に
「あなたの言っていることや書いていることは、
よくわからない」と言われたときに、
ロジカルな内容にすることによって、
相手に納得をしてもらえれば、
そのあと、
一緒に仕事をすることが容易になるというわけです。

さて、
この本の良いところは、
ポイントが非常に少なく、
簡潔に書いてあること。

極端なことを言えば、
この本に書いてあることは、
以下のことだけである。

1・課題=>回答=>期待する次の行動
2・MECE(ミッシー:Mutually Exclusive and Collective Exhaustive(重複なく、漏れがない))
3・So What?/Why So?
4・3C/4C
5・4P
6・プロセス(開発=>生産=>販売/認知=>理解=>動機づけ)
7・並列型と解説型

つまり、
本を読んだ後に、
実際に使用してみようと思ったときに、
実行することが容易です。

また、
本の中には、
例題があるので、
実際に、
ロジカル・シンキングを実践することによって、
理解が定着します。

表面的な本の値段は高いですが、
投資収益率は、
非常に高いと思います

ぜひ、
読んで、
活用してください。

超お勧めです


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51783992