2010年03月17日

JVCケンウッドの不正経理問題

確定申告の期限の3日前の12日に報道され、
ブログを途中まで書いて完成していなかったので、
本日完成させて、
公開します

JVCケンウッド、決算訂正で損失171億円(日本経済新聞

なんでこんな巨額の損失が計上されたかというと、
なんと2005年3月期までさかのぼって、
決算修正をしたそうです

26人の取締役と監査役が、
辞任したり、
報酬の減額の処分を受けたことが、
問題の大きさを示しています。

さて、
この報道のネタになっているのが、
会社が発表したこのニュースリリースです。

このニュースリリースの2ページから不正経理の概要が書かれています。

スペインやドイツなど世界中の子会社などで、
不正経理が行われていたようです。

スペインの販売子会社とドイツの販売会社で、
共通していた原因が、
以下です。

「販売促進費などの営業関係経費の処理を先送りする不適切な会計処理により、
売掛債権の滞留または未計上の債務が生じていました。」

これは、
どんな不正会計処理をしたのでしょうか?

販売促進費を支払うときに、
お金を支払わないで、
売掛金の回収として、
相殺したということなのでしょうか?

不勉強で恥ずかしいですが、
ご存知の方がいたら、
ご教授をお願いします



この記事へのトラックバックURL