2010年06月27日

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら

金曜日の夜と土曜日の夜は、
ワールドカップを観戦

これから、
1時間後にドイツ対イングランドです。

個人的には、
イングランドに勝ってほしいですが、
ドイツの勝ちと予想しています。

さて、
どうなるでしょうか。
熱戦を期待しています。

もっとも、
ワールドカップは、
夜の23時以降から朝までなので、
昼間の時間は、
来週持参するレポートにも着手・完了したので、
関係各社の皆様ご安心ください

それから、
本も読みました。

題名:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら
著者:岩崎夏海
出版社:ダイヤモンド社
価格:1600円(消費税別)

売れているというので読んでみました。

本の後ろを見てみると、
2009年12月の発売で、
2010年5月に第12刷となっているので、
確かに売れています

売れている割に、
電車の中とかで読んでいる人を見たことがないのは、
装丁の絵が原因でしょう。

装丁には、
スカートが、
とっても短くて、
目が大きい、
かわいい女子高生の絵が書いてあるので、
電車の中でこの本を読むと、
「オタク系」か、
「美少女キャラ好き男子」に間違えられる危険性があります

さて、
本の内容は、
題名通り。

高校2年生の女の子が、
都立高校の野球部のマネージャーになって、
夏の甲子園出場を目指して、
野球部を強くするという話。

この野球部を強くする際に、
参考とした本が、
ドラッカーの書いた「マネジメント」です。

本のストーリーは、
現実味の薄い内容なので、
なんでこんなに売れるのだろうと、
少し疑問

しかし、
この本を読んだことをきっかけとして、
ドラッカーの書いた本を読む人が増えると、
ドラッカーが好きな私としてはうれしいです

ドラッカーが書いた本としては、
以下の3冊がお勧めです

マネジメント
プロフェッショナルの条件
ネクストソサエティ

さて、
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」の本の価値は、
プロローグの3行にあると思います。

以下、
5−6ページから抜粋。

****************************

それは夢などというあやふやなものではなかった。願望ですらなかった。明確な目標だった。使命だった。みなみは、野球部を甲子園に連れて、「いきたい」とは考えていなかった。連れて「いく」と決めたのだ。

****************************

そうなんです。

決めて、
実行することが重要なんです

たしかに、
検討したり、
準備することは必要です。

しかし、
実行しないとわからないことがたくさんあります。

そのためには、
目標を決めて、
早く実行することが必要です。

当然に、
準備不足で実行するので、
問題が起きます。

でも、
実行しながら、
その問題を解決すればいいんです。

組織が大きくなり、
管理タイプの役職や社員が増えると、
このような方法を採用することが難しくなります。

したがって、
実行しながら、
問題を解決する企業の代表例として名前が出てくるのは、
オーナー企業であるAppleSoftbankになります。

私も、
年齢が増えることによって、
経験や知識が増えます。

したがって、
目標の設定や実行のタイミングが遅くならないように、
気をつけたいと思いますます



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51836351