2010年07月09日

税理士会の研修講師の小池先生は素晴らしかった

本日は、
10時より東京税理士会主催の研修会に参加

タイトルは、
「法人税を中心とした自己株式の取得・処分の税務」。

当事務所のお客様で、
相続等の発生により、
自社株を会社が買う事例が想定されているので、
間違いや漏れがないように研修に参加しました。

講師は、
税理士の小池敏範先生。

この先生は、
税務の本を多数書いている業界の有名人です。

この先生の講演を聞くのは初めてだったのですが、
会社法・会計・税務といった非常に広範囲な内容を、
わかりやすく、
かつ、
明快に説明していただき、
感動。

専門家相手に、
本を書き、
かつ、
わかりやすく話せる素晴らしい先生でした

自社株式取得に関しては、
以下の点に注意することが必要です

1・自社株取得に関する会社法上の規定
2・取得をした法人・譲渡をした法人の会計上の処理と表示
3・取得をした法人・譲渡をした法人の申告書上の記載
4・みなし配当と源泉所得税の徴収と支払
5・譲渡した法人の受取配当の益金不算入
6・取得した自己株式の会社法上・税法上の扱い
7・自己株式の消却・売却に関する会社法・会計・税務
8・支払調書の作成と提出
など

たくさんの注意するべき点が、
2時間で網羅できたので、
非常に有益な研修でした

小池先生、
ありがとぅございました


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51842939