2010年07月20日

3連休明けの月末突入の会計事務所の一日

月末近くに祝日があると、
稼働日が1日減るので、
平日の日程が予定で埋まります

さらに、
予定がたくさんあるときには、
単純に、
書類を渡して終了というような仕事だけではなく、
結論がありそうでないようなご相談や、
クレームが発生したりするので、
精神の強さも試されたりします

本日の午前中は、
ある会社を訪問して、
幹部の皆さんによる会議に参加。

この会社は、
数カ月後に決算月になるので、
来期の仕事の進め方などを、
従来の方法からどのように変更するかなど、
いろいろなことを現在検討中

私は、
会社外部の立場から、
一般的なお話や教科書論など、
いくつかお話をする。

私の話が、
少しでもお役に立てたら嬉しいです

午後は、
スタッフのK君と一緒に、
あるお客様の店舗を実際に視察。

このお客様の店舗は数店舗あるので、
立地や商品構成が、
各店ごとに異なります

また、
競合店や地域の人口数などにより、
売上高も異なります。

会計ソフト上で数字だけを見ていても、
実際に現場を見ないと、
会社の人のお話が理解できない点もあり、
半日を使って、
店舗を視察しました。

レンタカーを借りて、
車で移動

厳しい暑さも関係なく、
また、
実際に店舗を見て、
現場をリアルに感じることができて、
有意義な午後でした

夕方から、
ある会社の幹部による会議に参加。

テーマは、
第2四半期に突入したので、
売上関係の進捗状況。

さらに、
この会議が終了して時間も20時を過ぎてから、
別の会社の幹部による会社による会議に参加。

なんでこんな遅い時間から会議をやるかというと、
問題点が発生してしまったからです

当事務所で決算書を作成したら、
会社が把握していた数字とかなり違う結果となってしまった

こんなことになるとは、
思っていなかったので、
会社に決算書の提出が遅くなったのが、
さらに、
良くなかった

当事務所から提出した決算書と会社が把握していた数字の違いを、
後日、
報告をするお約束をするとともに、
お詫びをして、
会社を失礼をする。

良かった点だけでなく、
反省するべき点も多々あり、
内容の濃い一日でした


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51846932