2010年08月17日

Windows7の設定に予備知識なしで挑戦

事務所でスタッフが使用していたDELLのパソコンが、
購入してからまだ2年間ぐらいしか使用していないにもかかわらず、
壊れてしまったので、
新しくDELLのパソコンを購入しました。

当事務所では、
全部のパソコンがDELLのパソコンで、
OSは、
WindowsXPです。

ちなみに、
WindowsXPは、
信頼性、安定性が高いということで、
Windows Vistaが発売されたのちも、
WindowsXPのパソコンを購入していました。

今回、
いつものようにDELLからWindowsXPが動くパソコンを購入したら、
OSは、
基本的には、
Windows7になっていて、
WindowsXPは、
Virtual PC上で動くということになっていました。

そこで、
まず、
Virtual PCとは?」から調べて、
予備知識が全くない状態で、
Windows7の設定を開始しました。

2−3時間あれば、
印刷やネットワークの設定、
そして、
会計や税務のソフトウェアのインストール、
そのほか業務で必要なデータの移し替えなどが終了するかと思ったら、
甘かったです

7時間ぐらい要しました

いやー、
Windows7、
予備知識なしだと、
詳細が分かりませんでした。

また、
Outlook Expressが附属していないので、
Outlookを使用しないといけない状況になり、
いろいろな設定をする際に、
またまた分からない。

たとえば、
サーバーのポート番号の設定とか、
どこでやるんだろうとか、
Outlook ExpressからOutloookに、
どうやって、
メールやメールアドレスを移すんだろうとか、
調べたり、
Outlookのいろいろなボタンなどを押してみても、
良く分かりません

最終的には、
終電の時間が迫ってきて、
仕事をするのに問題がない環境まで整え、
Outlook ExpressからOutloookに、
メールやメールアドレスを移すのは諦めました

作業をしながら、
「面倒くさいなぁ。
本当は、
スポーツクラブに行きたかったのに。。。」と思いました

一方で、
「最近、
自分が知らない分野に着手してないぞ。
新しいことに対して、
自分から積極的に、
実際にやってみないと、
ヤバいなぁ。
それに、
実際に、
調べながらやってみると、
いろいろと分かって楽しいな。」と思ったのも事実です

今年の秋には、
WindowsXPの出荷が停止され、
私が使用するパソコンもWindows7にしないといけない時期が来ると思うので、
Windows7やメールソフトについても、
いろいろと研究しようと思います



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51856556