2010年11月30日

11月30日インド到着

11時50分成田発のJALで、
デリーへ出発

飛行機の中は、
ほぼ満席。

インド人は、
3割ぐらいで、
残りが日本人。

幸い私の隣の席は、
空いていて、
快適に6時間30分ぐらいを過ごせました。

デリーの空港には、
ほぼ予定通りの18時30分過ぎに到着。

気温は、
夜でしたが、
それほど寒くもなく、
暑くもなく、
ちょうど良い気温です。

空港には、
インドのH.I.S.社と契約している日本語を話せるガイドの人が私を待っていて、
そのまま車に乗って、
本日の宿泊場所であるグランドサルタージ(GRAND SARTAJ)に向かう

車は、
TATA社製のセダンです。
乗り心地などは、
全く問題ありませんでした。

さて、
デリーは、
帰りのラッシュで大渋滞

車の運転マナーは、
典型的な発展途上国にありがちな俺様第一の運転。

具体的には、
クラクションを鳴らして、
相手より10センチでも前に割り込む

車線を変更する際にも、
クラクションを鳴らして、
他の車の直前に自分の車を割り込ませる

したがって、
車に乗っている間は、
ずーーと、
クラクションを聞き、
後ろの席で、
「他の車にぶつからないのか?」と、
ドキドキすることになる

もっとも、
私はこんな運転マナーは、
2006年の上海出張で経験していたので、
それほどドキドキしなかったですが、
「インドに到着したぜ!」って、
思いました

一方、
デリーの市内には、
牛はいなくて、
都会風。

これは、
勉強不足でした。

グランドサルタージ(GRAND SARTAJ)には、
1時間弱で到着。

地球の歩き方」に掲載されていないホテルだったので、
「どんなホテルかな」と不安でした

部屋に入ると、
予想通り。

部屋は汚くはありません。

PA310007


トイレは、
トイレットペーパーはありましたが、
インド人の宿泊客用に、
おしりを「手」で洗う用に手桶があります

PA310012


参考:
インドのトイレ事情については、
こちらをどうぞ。

それから、
シャワーはありますが、
お湯は出ません

インドでは、
お湯は貴重品で、
24時間出るとは限らないのです

これについては、
飛行機の中で、
「地球の歩き方」を読んで、
想定していたので、
びっくりすることもなく、
怒ることもなく、
冷たい水で、
手と顔を洗い、
シャワーを浴びることなく、
諦めて23時前には寝ました。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51892639