2011年02月15日

確定申告だけではなく、法人の税務調査も開始

会計事務所は、
2月から5月ぐらいまで、
やるべき仕事がたくさんある時期です。

まず、
個人事業者や、
不動産や株式の所得がある社長さんなど、
個人を対象とした確定申告を、
3月15日までに実施しないといけません

それから、
12月決算や、
2月決算、
3月決算の法人の決算やその準備があります

さらに、
予想ができないけど、
増える仕事が、
法人の税務調査です

税務署は、
6月の人事異動前に、
法人の税務調査の件数を増やすために、
確定申告が終了する3月15日以降から、
5月の上旬まで、
集中的に、
税務調査を行います

その税務調査の日程を決めるために、
会計事務所に電話をかけてくるのが、
この時期です

本日の午後に、
電話を受けたスタッフが私に言いました。

「**社の件で、
++税務署から電話です。」

私は、
直感的に思いました。

「あーーーあ、
税務署から、
電話、
かかってきちゃったよ。
たぶん、
税務調査の通知だ。」

税務調査があると、
会社の人も、
私も、
「どんな指摘をされるて、
いくら税金を追加で支払うのかなぁ」と、
暗い気持ちになります。

したがって、
税務調査は、
ないほうが良いのですが、
ある程度の売上や利益があると、
2-3年に一度は、
経験をしなければいけない試練の場となります

電話を受けてみると、
予想通り、
税務調査の通知でした。

これで、
4月の2日間が、
税務調査の対応となります。

税務調査実施の日までに、
帳簿や請求書、契約書の整備など、
税務調査を受けるための準備をして、
あとは、
税務調査を受ければ良いのですが、
時間は要するし、
気分的にも重い感じがする仕事です

毎年、
この3-5月で、
数件の税務調査がありますが、
今年は、
何件の税務調査があるのでしょうか

この時期は、
税務署からの電話にドキドキしちゃいます




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51913064