2011年07月18日

祝!なでしこジャパンとGoogleの第2四半期決算書

世間的には、
3連休であるが、
なでしこジャパンの応援以外は、
完全に仕事モードとなってしまいました。

祝!
なでしこジャパン

なでしこ、米破り初の世界一 PK戦3−1 沢がMVP(朝日新聞)

決勝戦は、
早朝に起きて、
テレビ観戦しました

2回リードされて、
追いついて、
PK戦で勝つなんて、
日々の努力と、
勝利への執念が見れて、
最高の感動でした

おめでとうございます

さて、
連休中は、
暑いので車で出勤

日曜日と月曜日にお伺いした会社は、
新宿駅の東側にあり、
安い駐車場を探して、
少しうろうろと探索。

その結果、
10-12時間駐車で、
1000円から1400円ぐらいが上限の駐車場が数多くあることを発見

安いです

ちなみに、
当事務所のある赤坂見附周辺は、
10-12時間で、
2500円から3000円。

高い

逆に言えば、
新宿地区では、
不動産開発に着手できないで、
100円駐車場として、
運営されている土地が多いとも言えます。

さて、
インターネットを見ていたら、
以下の記事がありました。

米グーグル第2四半期は36%増益、予想上回り株価上昇(ロイター)

この記事は、
こちらのGoogle社の発表に基づき、
記事が書かれています。

このGoogle社の発表には、
第2四半期の数字のほかに、
第2四半期までの累計の数字が発表されています。

前期の第2四半期累計の売上高営業利益率が、
35.7%、
当期の第2四半期累計の売上高営業利益率が、
29.4%に低下しています。

しかし、
売上高の増加率が29.5%あるので、
株式市場は、
その増加率を評価したようです。

表面的には、
「効率」よりも、
「規模」ということです。

一時的に増えた人件費などが、
投資となり、
売上の増加という規模に結び付いたと考えると、
効率の改善も、
実行可能なのかもしれません。

参考までにいろいろと計算してみました。

<第2四半期までの累計>
売上高営業利益率
29.4%
(日本の上場企業平均は、5.5%)

自己資本当期純利益率(ROE)
17.5%
(日本の上場企業平均は、6.0%)

自己資本比率
80.2%
(日本の上場企業平均は、36.2%)

売上高増加率
29.5%
(日本の上場企業平均は、6.2%)

営業利益増加率
6.7%
(日本の上場企業平均は、47.2%)

まだまだ絶好調といえるでしょう


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51951729