2011年11月01日

北京旅行一人旅初日

順次、
1日(火)からの北京一人旅をブログに公開します。

++++++++++++++++++++++++++++++

朝起きて、
旅行の支度を開始。

成田空港に12時過ぎに到着し、
保険に加入し、
両替をして、
docomoのブースに行って、
スマートフォンの海外パケホーダイの設定をして、
15時15分発の中国国際航空に搭乗。

ちなみに、
エクスペディアで予約した中国国際航空の成田−北京の往復(当然、エコノミー)は、
45,310円で、
円高万歳です

新しいことを経験できると考えると、
安いお値段です

さて、
中国国際航空の飛行機の中で飲んだビールは、
冷えていませんでした。

また、
機内は、
中国語が響き渡り、
アウェー感が充満。

冷えていないビールを出す国に行くんだなと、
海外旅行気分が盛り上がる一方、
一人旅なので、
若干不安あり。。。

北京首都国際空港には、
17時30分ぐらいに到着。
ちなみに、
日本時間−1時間=北京時間です。

北京首都国際空港は、
広い!

到着した場所から、
入国審査を行う場所まで、
電車で移動です。

それから、
建物が大きい!


PB010008

無事に入国審査が完了すると、
北京首都国際空港から、
北京の中心部まで、
地下鉄で移動

機場線=>2号線=>1号線と乗り換えて、
王府井(ワンフーチン)駅まで移動。

料金は、
機場線のみ、
25元。

2号線と1号線は、
両方で、
2元。

1元=12円と考えると、
北京の電車料金は安いです

1号線は、
19時ぐらいということで、
通勤帰りの人で混んでいて、
東京の銀座線と同じぐらい混んでいました

王府井駅で降り、
王府井ヒルトンホテルに向かいます。

PB010009


王府井は、
北京市の中心で,、
ガイドブックには、
東京の銀座と書いてありますが、
夜の雰囲気は、
巨大な新宿歌舞伎町。

PB010011


とにかく、
ビルが大きい。

日本のビルの5倍ぐらいある感じです。

そして、
人がたくさんいます。

一方で、
物乞いをする人や、
この車で、
人を乗せるのかという、
タクシー業者がいることで、
まだまだ社会全体は、
アンバランスな感じです。

PB010027


地球の歩き方の地図を見ながら、
夜の街をいろいろと見ながら、
なんとか王府井(ワンフーチン)のヒルトンホテルに到着。
PB010033


部屋に荷物を置いて、
早速、
夜の街に出撃

時間が遅く、
北京初日と言うことで、
ホテル近くの北京apm(旅行ガイドには、新東安市場)という商業ビルに潜入。

ZARA、GAPなど、
いろいろな有名ブランドが入居しています。

ユニクロも入居していたので、
さっそく入店してお値段をチェック!

ヒートテックの男性用下着(シャツ)が79元。
薄手のダウンは499元。

日本のユニクロのサイトを見ると、
ヒートテックの男性用下着(シャツ)が990円
薄手のダウンは5,990円

内外価格差なしです。

この薄手のダウンは、
中国でも、
一番のお勧め商品のようです。
PB010024



PB010025

PB010026


さて、
夜も遅くなってきたので、
スーパーで、
買い物をして、
部屋に戻りました。

PB010034


北京の現地ビールメーカーの商品は、
4.8元(500ml)。

バドワイザーが、
9.5元(500ml)。

1元=12円で計算すると、
日本より安いですね。

なお、
北京の現地ビールメーカーの商品と、
バドワイザーを飲み比べてみると、
バドワイザーが美味しいです。。。

また、
レシートを見てみると、
いくつかのことを発見。

持ち帰り用の袋が、
0.5元。

それから、
消費税は、
北京では、
存在しないようです

会計士・税理士としては、
消費税って、
関心ありです。

0時過ぎに、
眠くなって、
就寝

明日は、
市内観光の予定です



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51975074