2011年11月03日

北京3日目、待望の万里の長城と自分の名字とゲテモノ

本日は、
今回の北京旅行の第一の目的である万里の長城に行く日です

 まずは、
万里の長城に行くツアーの集合場所であるホテルニューオータニ長富宮に、
20時15分に集合。

全部で15人ぐらい。

私のように一人旅の人もいるし、
夫婦やグループの人もいます。

当然に、
全員日本人。

そして、
日本語が話せる中国人ガイド1名が今回のツアーを率います。

まずは、
北京から北西に約50KMの距離にある明十三陵に向けて出発。

全く知らなかったのですが、
2003年に世界文化遺産に登録されているそうです。

ここで、
定陵というお墓を見ました。

入口を過ぎると、
こんな感じです。

PB030007


PB030009


この建物の中に、
地下宮殿があり、
万暦帝の台座などがあります。

PB030026


ここで、
自分の名前である「金井」と記された石を発見。

PB030018


ホテルに戻り、
ネットで調べると、
以下のとおりです。

「金井」というのは、
「棺桶」を置く台上に開けられている穴のことで、
中には、
陵墓築造時の土が入っているそうです。

これは、
陰陽の結合を表すものだそうです。

「金井」は風水の穴とも思われ、
陵地を決めてから、
まず、
「金井」の場所を決めるそうです。

つまり、
陵地を設計する時は、
一番先に「金井」を決めるそうです。

したがって、
「金井」は陵地全体の基準点とも言えるそうです。

そうなんだ。
全く知りませんでした

自分の名字の意味を知り、
この定陵に来て良かったと思いました

なお、
この「金井」の「金」の形に、
部屋の入り口もデザインされていました。

PB030031


さて、
この定陵を訪問をした後に、
昼ご飯を食べて、
待望の万里の長城に到着

一番観光客が多いという「八達峯長城」です。

PB030044


PB030043


13時30分ぐらいに到着して、
なんと1時間後の14時30分に集合だそうです

待望の万里の長城に1時間しか居れないなんて、
寂しい。。。

これが、
土産物屋に立ち寄らないといけないツアーの宿命なのか。。。

でも、
従わないわけにはいかないので、
まずは、
傾斜がきついと言われている「男坂」を30分ぐらいで制覇

確かに、
傾斜がきつい坂があり、
登るのが厳しかったですが、
征服感はありました

PB030086


急な坂を転ばないように、
ゆっくりと「男坂」を下り、
次は、
傾斜が「男坂」より緩いと言われている「女坂」の走破に挑戦。


PB030059


確かに、
傾斜が「男坂」より緩いですが、
人がたくさんいて、
急いで登れません。

集合時間の関係で、
行きたい場所まで行けなくて、
途中で戻りました

土産物屋に立ち寄り時間を削って、
もっと万里の長城にいる時間を増やしてほしいです。
(JTB、
是非検討してほしい

今回の旅の目的である万里の長城に来た感想ですが、
もっと寂しい場所を想像していたのですが、
にぎやかな観光地となっていて、
びっくりしました。

もっと、
長い時間を、
ゆっくりと過ごしたかったというのが、
本音です

さて、
北京市内に戻り、
解散したのが、
18時過ぎ。

地下鉄1号線で、
王府井に戻り、
昨日(東安門大街)は違う場所で、
中国人と同じ食べ物を食べようと思い、
ガイドブックに掲載されていた王府井小吃街に行きました。

多くの中国人観光客で、
狭い通りは、
賑わっていました。

PB030090

PB030093

PB030094


本日びっくりした食べ物を以下に書きます。

虫の串刺し

PB030108

PB030110


また、
以下の虫は、
写真ではわからないですが、
生きていて、
串に刺されていても動いていました。

PB030109


PB030111


お値段は、
15-25元。

1元=12円と考えると、
高くはないですが、
食べてみようという気持ちにはなりませんでした。

また、
この場所に来た中国人も食べていませんでした。

その他では、
ダチョウの肉や鹿の肉。

PB030118


この王府井小吃街は、
多くの中国人観光客で、
賑わっていましたが、
値段の表示がない店が多く、
いくらなのかが不明です。

当然に、
英語は、
通用しません。

つまり、
ボッタクられそうなイメージ満載だったので、
北京apm(旧新東安市場)の地下1Fにある中華料理レストランに突撃。

英語は全く通じませんが、
メニューに写真があったので、
野菜と鴨の肉とビールを注文。

そして、
出てきたのがこれ。

PB030130


全体的に、
量が多かったです。。。。

それから、
野菜は、
もうすこし味がはっきりしていても良いような気がしました

全部で、
99元。

PB030121


鴨を焼いた料理が、
58元。

野菜を油で炒めた(?)のが23元。

そして、
瓶ビールが18元

妥当なお値段だと思いました

本日は、
万里の長城に行き、
ちょっと疲れたので、
早めに就寝です




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/51975525