2012年03月27日

異業種交流会に出席することは無駄か?

今晩は、
ある人が主催する異業種交流会に出席しました

異業種交流会への参加には、
賛否両論があります

否定的な意見の代表は、
「仕事に結び付く出会いがない」だと思います

私は、
昨年ぐらいから、
誘われると、
積極的に、
異業種交流会とか、
勉強会に参加しています

私の異業種交流会に対する意見は、
「仕事に結び付く出会いを期待して、
異業種交流会に行ってはいけない」です

異業種交流会に行くと、
2-3時間で、
5-10名ぐらいの人と、
ご挨拶をして、
いろいろな話をしながら、
名刺交換をします。

そうすると、
「この人、若いのにがんばってるなー」とか、
「すごい行動力だ!」なんて人が必ずいます

そうすると、
「自分も、
もっとがんばろう」と自然に思えます

これが、
異業種交流会や勉強会に参加する最大の効果だと思います

異業種交流会終了後に、
別の機会でお会いしたり、
仕事に結び付けば、
それは、
「予期せぬ副産物」です

逆に言えば、
異業種交流会を主催する人が、
どんな人をその会に呼ぶかに、
異業種交流会の「質」は、
依存しているといえます

今晩も、
若い起業家や、
仕事をしながら東北の支援をしている人と話をすることができ、
パワーをいただき、
有意義な時間を過ごすことができました

主催者と本日お会いできた皆さんに感謝です


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/52003059