2012年04月06日

シンポジウムに参加し、起業家精神を体感しました

日経ビジネスが、
CHNGE MAKERS OF THE YEAR 2012」という企画をしていて、
その一環として、
無料のシンポジウムを開催したので、
参加しました。

金曜日の18時から開催ですが、
会場は、
ほぼ満席。

登場したのは、
ライフネット生命の副社長の岩瀬大輔さんと、
オイシックスの社長の高島宏平さんです。

1時間30分ぐらいでしたが、
司会の質問に対して、
2人が回答するという形式で進行しました。

すごく面白かったです

以下、
起業家として、
大切だなと私が感じたことを書きます

1・できることを実行する
どんなに、
小さいことでも良いから、
できることを実行することが重要です。

これと対極にあるのが、
「できないことを考えて、
実行しない」です。

会議を開催して、
「こんな問題点があって、
まだ、
全部の準備が整ってないので、
現時点での、
実施は、
難しいですね」
という話が、
一番ダメということです

全部の条件や要件が、
整うなんてことはありません

岩瀬さんは、
「Just do it!」と、
おっしゃっていました。

「いいから、
やれ!」

2・ピンチはチャンス
できることを実行するので、
当然、
問題点が発生します。

その時に、
ピンチは、
チャンスです

「やばい、
どうしよう」ではなく、
「この状況を乗り切って、
当社の仕組みを改善し、
問題点を解決して、
お客様にもっと信頼して、
喜んでもらえるようにしよう」
と、
考えることが、
大切です。

3・明るく、元気に、前向きに
この3つの単語は、
お二人が明確に発言したわけではないですが、
このお二人の話を聞いていると、
お二人が、
常に、
明るく、
元気に、
前向きに生きていることが良くわかります

4・健康であること
高島さんは、
「是非、
オイシックスを利用して下さい」と、
若干、
宣伝も含めて発言していましたが、
やはり、
上記の1−3をする土台として、
精神と肉体が、
健康であることが「土台」だと思います

5・仲間を見つける
お二人が、
何回も言及した点です。

一人でできることは限定される。

だから、
一緒に、
夢とか、
目標の実現を目指す仲間を見つけて、
巻き込むことが重要です

以上です。

さて、
ここに書いたことは、
いろいろな人が発言したり、
本に書いていることで、
特別に、
新しいことではないと思います

でも、
直接、
お二人から話を聞いて、
「そうだよね。
これ、
すげー重要だよ」と思ってしまうということは、
本質的なことであると同時に、
自分自身が実施できていないからだと思います

そんなわけで、
私も、
反省し、
さっそく実施したいと思います

こんな有意義な時間を過ごす機会を、
無料で提供してくれた日経ビジネスさんに、
感謝です。

 


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/52004860