2012年09月10日

スリランカ視察旅行市内編

遅くなりましたが、
8月25日(土)から8月27日(月)まで、
視察旅行で滞在したスリランカの記録です。

今回の視察旅行は、
当事務所のお客様が、
スリランカでの事業を検討していて、
そのお客様の社長さんに、
「金井さん、
スリランカでの事業展開をどう思いますか」と質問されました。

そこで、
先入観と直感で、
「実施しないようが良い」と回答したら、
 「一緒に現場を見ましょう」と、
お客様の社長さんに誘われたので、
同行しました

今回のブログは、
25日(土)と26日(日)の市内編です。 


日本から、
スリランカまでは約9時間。


IMGP0489


したがって、
25日(土)は、
スリランカに到着したのは夜で、
ホテルにチェックインをして終了です

スリランカは、
経済的に発展をしていないから、
良いホテルはないだろうと思っていましたが、
認識が甘かったです。

百聞は一見に如かず

「Cinnamon」というコロンボ市内のホテルに宿泊。

IMGP0499


ホテルの部屋です。
とってもおしゃれ

IMGP0493


















もちろん、
お湯はきちんと出るし、
停電もありません

26日(日)の朝に、
撮った「Cinnamon」ホテルの外観です。

IMGP0527


















とてもおしゃれで、
素敵なホテルです

スリランカは、
日本と比較すると、
経済は、
発展途上ですが、
スリランカは、 
リゾート地として注目されています。

ホテルには、
外国人では、
インド人・中東の人・ヨーロッパの人が、
目立っていました

それから、
経済的な発展を背景として、
スリランカ人の富裕層がいて、
そのスリランカの人たちも、
こんな雰囲気の良いホテルを利用していました

ちなみに、
シャングリラホテルも、
2015年の開業を目指して、
建設中でした。

IMGP0529


コロンボ市内は、
高い建物は、
少数しかなくて、
これから、
さらに発展するという状態です。

IMGP0511


IMGP0513


市内の道路は、
片側2車線の道路が中心。

人々は、
バスと、
3輪自動車のタクシーを利用して、
移動しています。

スリランカは、
日本と同じ右側通行なので、
日本で走っている自動車を、
輸入して使用しています

したがって、
車の90%は、
日本車です

なお、
関税が200%ということなので、
日本で、
200万円の車が、
スリランカでは、
600万円するということになります

でも、
国自体が発展を続けているので、
車の数は多いし、
古い車より、
新しい車が多いです。

IMGP0531


IMGP0532


IMGP0533


IMGP0534


運転マナーは、
インドほど強烈ではないですが、
発展途上の国なので、
車の運転に「クラクション」は、
必須です

また、
渋滞は、
北京ほどではないですが、
平日のコロンボ市内の渋滞は、
道路が未整備なのに、
車の数が多くて、
渋滞の激しさは、
強烈でした

さて、
次のブログは、
スリランカ視察旅行郊外編です。





この記事へのトラックバックURL