2012年11月12日

公認会計士試験の合格発表があり、当事務所から2名合格

本日、
公認会計士試験の合格発表がありました

公認会計士試験の合格者、1,347人(読売新聞)

この記事のもとになっているのが、
金融庁が発表した「平成24年公認会計士試験」という資料です。

公認会計士試験に合格しても、
全員が、
監査法人に就職できないので、
公認会計士の人気は低下傾向で、
願書提出者は、
前年より5,257人(約23%)減って、
17,894人です

そして、
合格者は、
前年より約11%少ない1,347人で
合格率は、
前年よりは、
1%上昇して、
7.5%です

平成19年の試験では、
4,041人合格で、
合格率は、
19.3%でした

このころは、
内部統制の導入などで、
公認会計士が必要になるという金融庁や公認会計士業界の判断で、
合格者を増やしました

結果的には、
この判断が大間違い

監査法人の業績も下降し、
リストラ等も行われ、
現在、
監査法人は、
厳しい生存競争をしています

したがって、
今年の合格者で、
監査法人に就職できるのは、
700人ぐらいではないでしょうか

さて、
当事務所では、
今回の公認会計士試験を2名が受験し、
2名とも合格

Nさん、
O君、
おめでとう

働きながら、
勉強をして、
大変だったと思うけど、
2人とも頑張りました

ただし、
こんな時代なので、
明日からの監査法人への就職活動も、
頑張ってね

年内に、
2人の合格祝い&監査法人の内定祝いを事務所で盛大にする予定です




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01033/52039841